子どもから大人までの教育について

生涯教育、生涯学習を

教育とは勉強であり、勉強とは一生続くのだということを念頭に置くべきです。
勉強はいつでもいつからでも始めることができます。
昔は本を読むことで知識を得ることが基本でしたが、今はインターネットで全世界のニュースを即時に知ることができます。
こつこつと文法を学んでお金をためて海外へ行き、外国語を身に着けた時代は変化し、基本的な勉強は変わらなくても手段は多様化しています。
インターネットで海外の本をダウンロードできたり、ラジオやテレビで音声を聞けたりします。
大学の講義や課題の提出もネットでできるようになりました。
老齢化も進み、退職してからでも健康でいられる時間が増えました。
おすすめなのが生涯学習や生涯教育です。
学生生活を送ることで、新鮮な気持ちになれますし一から学ぶ真摯な気持ちにもなれます。
どんな題材でどんなことを学ぶにしても、スクールがありセンターがあります。
専門学校に行って実習や実技を学ぶのもおすすめです。
手先を動かして頭を使うことは脳の刺激にもなりますし、何より毎日の生活にメリハリを与えてくれます。
年齢に関係なく師弟関係や友達になれますし、興味があることを続けることで趣味にもなりえます。
苦手だったことにも挑戦してみれば、いつかは克服できるかもしれません。
仕事をしている時も勉強は必要ですが、生涯教育は自分の楽しみを優先させることができます。
体が動かしにくくなったら、ネットや衛星放送を利用できます。
今まで気にも留めなかった公共機関の講義が興味深くて専門的なものだと気付くかも知れません。
大学院に入学して論文に挑戦するかもしれません。
生涯学習を始めることは限界を感じていた自分に可能性を広げるもので、前向きで努力する気持ちになれるだけでなく、投資した分の知識を得ることが当然だと考えるようになりますから、努力を怠りません。
難の趣味もないと思っても、これにだけは投資を惜しまないというものが必ずあるはずです。